>>>イエウール<<<

地方に住んで認められた母が亡くなり、実家の一戸建てためには誰でも住む人はいはいなく変わりました。

生前に不動産の方を財産分与やってもらってきたのですが、田舎にそれに対して暮すつもりと言われますのはないに違いありません。

仕事に関してはこちらで実施しているようですし、子供たちに於いてもこちらに参加してるのです。生活の基盤のですが全て地方というわけではなく、この都会となっています。

正直称されて、不動産を相続陥れてしまった時であろうとも内心については迷惑だと感じていました。

将来的にみることも、そちらに返ることもないから、ただ固定資産税を収めなくては場合ならなく決まったにしかすぎないのです。

金銭的な負担のですが増したクラスだけなと聞いていますので、ラッキーなことに関してはひどくないに違いありません。

ただ、爺くさくなって収入たりとも期待できない母に税金を払わせるのに於いても忍び見られないので、私はいいが負担を行なっていただけにすぎません。

母のではあるが亡くなり、不動産を維持を実践していく必要につきましてはどこかに行きました。

それの手段で売却をしたいなあと思ったのです。

売却できたのは、実家が附いてくる土地に違いないと建物です。

建物の方とされているところは10年前にリフォームしたばかりですのだが、もともとのだが代わり映えのない家なというわけで価値なんて存在しないに等しいはずです。

しかし、破壊すると陥るとお金でさえも求められますから、変わらぬまま売却することにいたしました。

実家とされているところは最寄駅という事から徒歩10分並みの距離なお蔭で、思っていた以上に少なく売却するのが行なえました。

早く片付いて有難かったです。



私は母の遺産として、不動産を貰いました。

しかし、私が住んでいるところも違い、自分で所有している家があり、息子の学校などの関係もあるので、貰っても自分で住むわけにもいきません。


かといって、誰かに貸すほどの不動産でもないので、売却することにしました。


母が亡くなってから数年間、以前私たちが住んでいた面影も少しあるので、売却することに少し後ろめたさもあったものの、不動産を放置していてもどうしようもないと思ったので、せめて、子供の学費にでもなればと考えておりました。


不動産の売却は思ったよりも早く決まって、結構、思っていたよりも激しく売却することができました。


父も、ありのまま不動産を遊ばせているよりも、他の人に渡って、孫の学費になるので、喜んでいると思います。


父に貰った不動産のおかげで、子供に十分な教育を受けさせることができます。


売却することができなかったら、自分だけでは何にも使えなかったので、売却してお金にすることができたのが何とも嬉しいです。


これから、子供が大人になって、自立して、私が所有する不動産がいらない状態ならば、自分と同じことをするように教えてあげたいと考えております。


ほんとに売却できて嬉しいです。